ワーキングホリデービザ(417) について

セカンドワーキングホリデーについて知る 無料お問合せ

ワーキングホリデービザとは?

ワーキングホリデーは海外旅行と違い、長期滞在の許されるビザ制度です。
18歳から30歳のワーホリ協定締結国の国民に対して、1年間のオーストラリアでの休暇とその滞在在費用を稼ぐための就労をする機会を与えられます。

ワーキングホリデーのルール
  • 発給から12ヵ月以内に入国すること。(入国した時点でビザが有効となり、その日から滞在期間がカウントされる。)
  •  滞在期間は最長12ヵ月間。
  •  ビザ有効期間中は出入国は何回でも可能。(ただし、出国している期間も上記12ヵ月間にカウントされる。)
  •  同じ雇用主のもとで最長6ヵ月間まで就労可能。
  •  就学する場合は最長4ヵ月間まで可能。(語学学校であれば最長17週間という計算になる。)
取得できるビザの期間は?
ビザ取得条件は?
  • ビザ申請日に18歳から31歳未満であること(31歳の誕生日を迎えるまで)
  • 過去にオーストラリアにワーキングホリデービザで入国していないこと。
  • ビザ申請日・ビザ発給日ともにオーストラリア国外にいること。
  • 扶養する子どもが同行しないこと。
  • 日本のパスポートを所持していること(ワーキングホリデープログラム協定締結国のパスポート)
  • 心身ともに健康であること。すべての申請者は健康上の基準を満たす必要があり、状況に応じて健康診断が必要となる。
  • ワーキングホリデービザの主旨を理解し、ルールを守れる人
    (移民省にあるワーキングホリデービザのルールを読んで理解し、守る意思を持って渡航する)
  • 当初滞在に必要な資金と帰国時の渡航費用を持っていること。少なくとも50万円ほどが望ましいとされている。
    (場合によっては、資金証明を要求されることがあります。)
ビザ申請時に必要なもの
  • パスポート(有効期間が1年を満たしたもの)
  • クレジットカード(申請料金はクレジットカード決済のみ。本人名義カードでなくとも良い。)
ビザの申請方法
  • オーストラリア移民局のサイトから行う。以下のウェブサイトから申請可能です。
    https://www.border.gov.au/
  • ビザ申請時に必要なもの
    • パスポート(有効期間が1年を満たしたもの)
    • クレジットカード(申請料金はクレジットカード決済のみ。本人名義カードでなくとも良い。)

※ビザ発給通知書(Visa Grant Notification)は申請時に指定した方法(E-mail/郵送)で届きます。
別途、健康診断受診が必要な場合もあるので、早めのビザ取得をお勧めいたします。

※電子上で許可されるビザのため、入国の際、入国審査官にパスポートを提示するだけでOKです。
ただし、念のためビザ発給通知書のコピーは所持しておいて下さい。

ビザ申請料金
ビザ subclass 料金
ワーキングホリデービザ (Subclass 417) $440

*すべてオーストラリアドルです。