オーストラリアで看護師になるということは?

ribbon

高収入が見込める

オーストラリアの看護師の収入は日本よりも高く、
正看護師の平均年収は約580万円です。

notepad

永住権が取れる

コース修了後、2年間の卒業ビザを取得することができ、
永住権の申請も可能となります。

syringe

幅広い求人

オーストラリアでは看護師の数が不足しており、
たくさんの海外の人材が現場で活躍しています。

オーストラリアの大学で看護コースの修士課程を修めると、ニュージーランド、イギリス、アメリカ、スイスなどでも学位として認められます。

多くの日本人留学生は、日本食レストランで働きながら勉強しています。しかし、看護師コースの留学生は、助手看護師(アシスタントナース)として病院や老人ホームで働くことが出来ます。給料もレストラン系の仕事よりも高く、安定した収入を得ることができます。

都市圏だけではなく、リージョナル地域と呼ばれる人口の少ない郊外に行くことで、さらに需要が高まります。地方では仕事の数が増えるだけでなく、家賃などの生活費も抑えられるので一石二鳥です。

日本のナースはとにかく忙しいイメージがありますよね?しかし、オーストラリアでは、看護師1人あたり3~5人の患者、と法律で決まっています。この看護師/患者の割合は他の国々と比較してもとても少なく、担当患者のケアに集中することができる仕組みになっています。

お問い合わせフォーム

コースオプション
あなたに合った留学プランは?

ディプロマから大学に編入するプラン。ディプロマが1.5年、大学が2年で計3.5年になります。ディプロマを卒業することで准看護師の資格を申請できるため、2年間の大学在学中はナースとして働きながら勉強することが可能です。大学卒業後に正看護師免許を取得できます。

1から大学で勉強するプラン。英語の入学レベルとしてIELTS7.0が必要です。1学期終了後からアシスタントナースの資格は取得できますが、ディプロマコースと違い准看護師の資格は取れないのでご注意ください。大学を卒業することで正看護師免許を取得できます。

大学を卒業していること(どの分野でもOK)とIELTS7.0の英語レベルが入学条件です。卒業することで正看護師免許を取得できます。

日本で正看護師の資格がある方はIRONプログラムを卒業することで、オーストラリアの正看護師として登録することが可能となります。受講前にAPHRAにこのコースを履修する許可を得る必要があります。また、プログラム入学条件としてIELTS7.0が必要です。